インターネットライフの安心・安全をサポートする セキュリティ・ウイルス総合情報サイト

Simdaボットを射る3本の矢

daiki_fukumori
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所

インターポール、マイクロソフト、カスペルスキー、トレンドマイクロと協力しSimdaボットネットのテイクダウンを行いました。
カスペルスキーから出向している同僚から報告があるように、このマルウェアは多くの解析妨害機能があるため、アンチウイルスベンダーのサンドボックスではうまく検知することができていませんでした。

そこで、サイバーディフェンス研究所が手動で解析を実施し、その解析結果を元にしたアンパッカーと暗号化された通信、設定ファイルの復号ツールをマイクロソフトやアンチウイルスベンダーに提供し、全容の解明に協力しました。

また、すでに感染しているユーザへの対応として、次の3つ(3本の矢)を用意しました。
感染が疑われる場合には、次のように表示されます。
Simda Botnet DetectorSimda Check

各矢の守備範囲は次の表のようになっています。

No. 感染時期、感染環境など IP Scanner
アンチウイルスソフト 自動 hosts check 手動 hosts check
1
自己消滅前(※)
2
自己消滅後 ×
3
テイクダウン前のマルウェア活動 ×
4
テイクダウン後のマルウェア活動
5
亜種への対応
6
マルウェア感染活動前 × × ×
7
動的IPアドレス環境での感染 ×
8
プライベートIPアドレス環境での感染 ×
※ 様々な条件により、マルウェア検体自身が削除される場合とされない場合がある

この中で感染者数が多いのが2番と3番だと思われます。
個人的にオススメする一番手っ取り早くて確実な確認方法はhostsファイルの手動確認です。
  • セキュリティニュース
  • エフセキュアブログ
業界最安値 \500 プロバイダ BB.excite
おすすめ