インターネットライフの安心・安全をサポートする セキュリティ・ウイルス総合情報サイト

MiniDukeとCosmicDukeとOnionDukeのつながり

fsecure_corporation
エフセキュア株式会社
F-Secure Corporation

 CosmicDukeについて我々は9月にブログに投稿した。これは受け取った人をだまして、タイムリーな政治問題を取り上げた、悪意のあるドキュメントを開かせようとするものだ。我々はさらに詳細にファイル群を分析して、2件の大きな発見を行った。

 VirusTotalで見つけたメールに基づくと、少なくとも欧州の1か国の外務省が標的になっている。以下はそのようなメールのうちの1通を加工したものだ。

Screenshot of malicious email

 攻撃者の親切心には心が温まる。メールの添付ファイルを開くと、そのWord文書の「ENABLE CONTENT」をクリックするように誘導して、マクロを有効にする手助けを行う。

Screenshot of exploit document

 犠牲者がひとたびマクロを有効にすると、当該システムは CosmicDukeに感染する。ここで我々が2つ目の発見を行った。通常の情報を盗む機能に加えて、CosmicDukeの実行ファイルはMiniDukeもインストールするのだ。

 7月に公開した分析では、CosmicDukeはMiniDukeとつながりがあるように見えることを述べた。両マルウェアファミリーが、MiniDukeのグループだけが使っている、同一のローダーを使用しているためである。MiniDukeと共にシステムを侵害したCosmicDukeのサンプルによって、両マルウェアファミリーの背後にいるのは同一人物であるとの確証をさらに得た。

 マルウェアキャンペーンの標的を眺めることは、しばしば、その作戦の背後にいるのは誰かを見極める一助となる。この意味でCosmicDukeは中々興味深い。このマルウェアは異なる2面的な性質を持つ。違法薬物に関与する人を狙う一方で、政府機関のような知名度の高い組織も標的にする。これと同種の2面性は関連するケースOnionDukeでも見られる。11月に初めてOnionDukeについてブログで取り上げ、共有のC&Cサーバを使用する点においてOnionDukeはMiniDukeとつながりがあることを述べた。またOnionDukeは2つの異なる目的のために使われているように見受けられることにも触れた。つまり、政府機関のような知名度の高い標的に対する標的型攻撃と、興味深いことに、さらにTorのユーザとトレントファイルをダウンロードした人々に対する大規模な感染キャンペーンだ。さらなる調査により、OnionDukeの犠牲者はきれいに2つのグループに分けられるだけでなく、使用されているOnionDukeのバージョンもC&Cサーバのインフラも、同様に分けられることが示された。

 OnionDukeの大規模感染キャンペーンでは、攻撃者はC&Cサーバ用に侵害したWebサーバや無料のホスティングプロバイダを使用している。こうしたキャンペーンでは、犠牲者のコンピュータはOnionDukeのバックドア対応の限定バージョンに感染する。これのメインの目的は、C&Cサーバに接続して、追加コンポーネントをダウンロード、実行することだ。これらのダウンロードしたコンポーネントは続いて、システム情報やユーザの個人情報の収集といったタスクを実行する。反対に知名度の高い標的に対する攻撃では、OnionDukeで使用するC&Cサーバのインフラは攻撃者が所有、運用するものだけだ。このインフラも既知のMiniDukeのインフラと大部分は共有している。このケースでは、攻撃者はOnionDukeの完全版を使用している。こちらはタスクを実行するために、追加コンポーネントをダウンロードする必要はない。重要な点だが、こうした戦略の区分は、犠牲者の区分と完全に一致する

 MiniDukeとOnionDukeとCosmicDukeのつながりを示してきたが、OnionDukeとCosmicDukeの使用についても興味深い2面性を観察した。ここで質問がある。こういったことは一体どういう意味を持つのか?Kaspersky社の素晴らしいブログの記事で示されているとおり、一説ではCosmicDukeは法執行機関で「合法スパイウェア」として使われている、というものだ。そして興味深いことに、Kaspersky社ではロシア国内で違法薬物に関与する「犠牲者」のみを観察している。当社のデータでもこの観察を裏付ける。むしろ、我々が目にしたCosmicDukeの知名度の高い標的のいずれも、ロシアが拠点ではない。しかし双方の標的に共通するのは、標的の興味はロシアとぴったり揃ってはいないという点だ。同じように、同様の境界がOnionDukeに当てはまる。これはスパイウェアツールの同じ「集合」の一部である可能性があることを示唆する。法執行機関が使用するケースの犠牲者がロシア出身であること、また知名度の高い犠牲者のいずれもロシア支持派ではないことを考えると、我々はロシアの政府機関がこれらの作戦の背後にいると感じている。

 サンプルのハッシュ値

 “EU sanctions against Russia over Ukraine crisis“.docm:82448eb23ea9eb3939b6f24df46789bf7f2d43e3
 “A Scottish ‘Yes’ to independence“ .docm:c86b13378ba2a41684e1f93b4c20e05fc5d3d5a3
 32ビットのドロッパDLL:241075fc1493172c47d881bcbfbf21cfa4daa42d
 64ビットのドロッパDLL:51ac683df63ff71a0003ca17e640bbeaaa14d0aa
 CosmicDukeとMiniDukeのコンボ:7ad1bef0ba61dbed98d76d4207676d08c893fc13
 OnionDukeの限定版:b491c14d8cfb48636f6095b7b16555e9a575d57f
 OnionDukeの完全版:d433f281cf56015941a1c2cb87066ca62ea1db37

 Post by Timo (@TimoHirvonen) and Artturi (@lehtior2)

>>原文へのリンク

  • セキュリティニュース
  • エフセキュアブログ
業界最安値 \500 プロバイダ BB.excite
おすすめ